ロルフラインについて

ロルフライン ジャパンの活動理念

  • 私達は、ロルフ・メソッドの個人セッションとトレーニング・プログラムの提供を通じて、個人の解放と変容(その人本来の身体とこころの状態を取り戻すこと)を支援し、人々の人生の質と、真の幸福と健康(Quality of Life, Well-Being)の向上に貢献するために活動しています。
  • 私達は、「アイダ・ロルフ博士の教えに忠実な構造統合メソッド」 を研究し、組織として成長を重ねてゆくことを決意しています。また、このワークを学び受け継ぐ意志を持つ人々を支援し、ロルフ・メソッドの伝統を次の世代へ、未来へと伝えてゆきます。

「ロルフライン」とは?

  • Rolf Lineという語には、「人間の身体の中心を貫く垂直なライン、中心軸」の意味があります。ロルフライン(垂直中心軸)のまわりで身体が再編成されると、地球の重力が、人間の敵(負担)から味方(助け)に変わります。社名「ロルフライン・ジャパン」には、ロルフ・メソッドのセッションの本質である「人間と重力との調和」を、日本で多くの人々と分かち合いたいという、私たちの願いが込められています。
【設立経緯】
2001年 米国GSIよりプラクティショナー認定を受け、ロルフ・メソッドの個人セッション提供を開始。
2003年 大阪府岸和田市に、ボディワークスペース Rolf Lineを設立。
2007年 筋膜リリース・ワークショップの提供を開始。
2009年 同ワークショップ・プログラムが、米国GSIの入学準備コースとして認可される。
2011年 社名を「ロルフライン ジャパン」に変更。ロルフ・プラクティショナー養成トレーニングの大阪開催を視野に入れ、ワークショップ・教育方面の活動の拡充を図る。
2013年 大阪ロルフ・プラクティショナー養成トレーニング(第一期・二期ORT)の開催を岸和田市で実現。
2015年 大阪ロルフ・プラクティショナー養成トレーニング(第二期・三期ORT)を主催。
2017年 大阪ロルフ・プラクティショナー養成トレーニング(第三期・四期ORT)を主催。
2018年 大阪ロルフ・プラクティショナー養成トレーニング(ORT)が、IASI(国際ストラクチャル・インテグレーション連合)に承認され、ロルフライン ジャパンの教育部が、JGSI 日本ロルフ身体構造統合協会(Japanese Guild for Structural Integration)として、日本初のIASI公認のロルフ・プラクティショナー養成機関となる。

ストラクチュアル・インテグレーションとは

岡田 靖隆

岡田 靖隆

  • ロルフライン ジャパン代表
  • JGSI 日本ロルフ身体構造統合協会 理事長
  • IASI公認 ロルフインストラクター(養成コース教員)
  • IASI 卒後継続教育プロバイダー(カテゴリーI)
  • アドバンス・ロルフ・プラクティショナー
  • フェルデンクライス・プラクティショナー
  • 10代の頃より心身の不調に悩み、それがきっかけで自然療法やボディワークに関心を持つ。オステオパシー、整体、ヨガなど、様々なワークを調べ体験する中で、ロルフ・メソッドと出会う。10回のセッションを受ける過程で、長年に渡るこころや身体のもつれが次々とほどけてゆくことに感銘を受け、ロルフ・プラクティショナーを志す。
  • 2001年に米国GSIでプラクティショナーの認定を受け、地元岸和田市で個人セッションの提供を開始。2007年、筋膜リリースの教育プログラムを開発。2008年から2012年の4年間は、ムーブメント教師となるための専門教育を受ける(*1)。2013年に、第一期大阪ロルフ・トレーニングの編成を指揮し、2017年には日本初のベイシックロルフ・インストラクターとなる。
  • ピーター・メルキュア氏と岡田靖隆2001 GSI (Guild for Structural Integration)
  • 岡田の最大の強みは、ロルフ博士が養成した5人の弟子から(*2)、身体構造統合の原理と技術、そして、プラクティショナーとしての在り方やこころを学んだこと。ロルフ博士の教えに忠実な、クラシックな10セッションが内包するちからを用いて、クライアント一人一人の持つ可能性を最大限に引き出すことをテーマに活動を続ける。伝統的なロルフ身体構造統合がもたらす独特の体験と気づきを、セッションやワークショップに訪れる人々と日々分かち合っている。。
*1
構造と機能は表裏一体の関係にある。様々な状況にあるクライアントをより良くサポートするために、フェルデンクライス・機能統合を学び、公式認定プラクティショナーとなる。構造面からはもちろん、必要があれば機能的・動的な側面からも光を当て、クライアントの慢性的な問題の原因や、構造的な変化を阻害する機能的因子の究明を行っている。
*2
ピーター・メルキュア、エメット・ハッチンズ、マーク・カフェル、トム・ウイング氏、ニール・パワーズ氏

プラクティショナーとしての基礎トレーニングと継続教育

岡田 眞由美

  • ロルフライン ジャパン 副代表
  • JGSI 日本ロルフ身体構造統合協会 副理事長
  • ロルフ・プラクティショナー
  • 大阪ロルフ・トレーニング運営ディレクター、
  • 常任アシスタント・インストラクター
  • クレニオセイクラル・プラクティショナー
  • インド中央政府公認VYASA ヨーガ教師
  • 大阪府岸和田市に生まれる。幼い頃から、人間や動植物が放つエネルギー(生命場)の神秘性に気づき、関心を抱いていた。20代は大手ペット・センターで生体管理責任者として勤務する。
  • 1999年、ロルフ・メソッドと出会い、10回のセッションを受ける。体力や精神力が蘇る、身体にたいする感覚と意識が高まる、といった変化を経験するとともに、人生の転機の訪れを強く感じる。その後、「自然治癒力やいのちの神秘を深く追求したい」という幼少期からの衝動に従い、会社を退職、ロルフライン ジャパン(RLJ)の設立に加わり、スタッフとして勤務する。
  • 2007年より、RLJが主催する筋膜リリース・ワークショップにてアシスタントを務め、2009年よりワークショップ講師となる。2012年、頭蓋仙骨ワーク(クレニオセイクラル・バイオダイナミクス)の4年間の教育課程を修了。2013年、第一期大阪国際ロルフ・トレーニングを代表者の岡田靖隆と共にオーガナイズする。コース・マネージャーとして教員や生徒達をサポートしながら認定コースに参加し、ロルフ・プラクティショナーとしての認定を受ける。
  • 情熱は、創始者アイダ・ロルフ博士が遺した伝統的なワークを守り、レシピを後世に伝える架け橋となること。生物や自然との関わり、子育てやクレニオ・バイオダイナミクスを通じて培った繊細な感覚や観察力を生かして、受容的なタッチで人間の可能性に働きかける独特のスタイルは、ワークショップや個人セッションの場で多くの人々に愛されている。

プラクティショナーとしての基礎トレーニングと継続教育